アメブロはこちらをクリック!
スポンサーリンク

楽しくないことを楽しむこと。

普段考えていること

こんにちは!

ある中学生の男の子が夢中になっているスマホゲームに、私もハマっているので、その話をしていました。

彼は、キャラクターの名前とか、長くても、カタカナでも、全部覚えているし、スキルの細かい内容も完璧に言えるんです。私より詳しいんです。

「そんな細かく覚えられるなら、社会なんか余裕じゃない?」

と、私は言いましたが、

「社会は何も入ってこない」

と返されてしまいました。

よく、覚えられないと、「記憶力がない」とか「頭が悪い」とか決めつけてしまう人がいますが、記憶力が悪いのではなく、単に興味がないから、という場合の方が多いのではないでしょうか。

暗記しようと思う内容を「面白くない」「つまらない」と思っていたら、頭に入ってこないんです。

だから、楽しめる工夫、興味をもてる工夫が必要!!

私は、数学の問題集を見たくもなかった時期には、文房具屋で買った最強に可愛いと思うシールを貼りまくり、とにかく数学の問題集を好きになるように自己暗示をかけました。

それが、意外にもうまくいき、その後は、よく使う参考書は、いたる所に可愛いシールを貼っていきました。

デコりまくった参考書を見て、友達には、よく「女子力すご!!」とからかわれていましたね。

でも、私なりの、楽しむための工夫でした。

小学生みたいなやり方ですが、視覚を利用して、遊んでいるかのような暗示をかけるのは大事だと、本気で思います。

嫌いな科目ほど、楽しみに変える必要があります。歴史のどうしても興味がわかない範囲は、ドキュメンタリー番組を見るとか、本を読むとか、いろいろやってみることです。

たかが、歴史上の人物1人であっても、例えば伝記を読むことで、時代背景なども強烈に頭に焼きつきます。

小学生の時、「勉強しなさい」とは全く言わない母が、なぜか「アンネの日記」だけは、卒業までに絶対読むように言ってきて、実際読んでみたら、トラウマになるくらい、衝撃すぎて、ユダヤ人のことや戦争のことにすごく興味がわきました。

「くだらない」「面白くない」で片付けてしまったら、世界は広がらないし、あとは、忍耐勝負だけです。

そんな味気ない勉強、個人的に絶対無理です。楽しまないと〜が先に来ちゃいますね。

もっと楽しい面がたくさん見えたら、勉強が苦手な子は救われると思います。

家庭教師依頼はこちらから。

東京外国語大学卒業→イタリアに住み、結婚→帰国後、複数の塾で教室長→家庭教師として独立。

大学受験の英語を中心に教えています。

公立中学で落ちこぼれでしたが、勉強を始め、大学に行けるレベルになりました。
落ちこぼれだった経験を生かして授業をしています。

言語を勉強するのが大好きで、イタリア語、フランス語、スペイン語、ギリシア語、フィンランド語、ラテン語、オランダ語など、たくさんの言語を勉強しています。(英検1級、イタリア語検定1級)

将来は、またイタリアに住みたい。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
普段考えていること
スポンサーリンク
マルチリンガルライフ
タイトルとURLをコピーしました