アメブロはこちらをクリック!
スポンサーリンク

【イタリア語】英語のbe動詞にあたるessereの活用(現在形)

イタリア語 友達作りのイタリア語

こんにちは!

イタリア語で最も重要な動詞は、essere(エッセレ) とavere(アヴェーレ)です。
まず、今回は、essereについて説明します。

essereは、英語のbe動詞にあたるもので、存在していることをあらわしたり、主語の説明をしたりします。

英語のbe動詞は、現在形は am、is、areの3つしかありませんが、イタリア語のessereは主語によって6通りの変化をします。

まずは、6種類すべてを見てみましょう!

動詞essereの活用(現在形)

単数複数
1人称(io) sono
イーオ ソーノ
(noi) siamo
ノーイ シアーモ
2人称(tu) sei
トゥ セーイ
(voi) siete
ヴォーイ シエーテ
3人称(lui) è
ルーイ エ
(lei) è
レーイ エ
(Lei) è
レーイ エ
(loro) sono
ローロ ソーノ

1人称単数と3人称単数は同じ形になりますが、これはessereだけです。他の動詞は違う形になります。

「私は日本にいます」

では、essereの使い方を見てみましょう。

「私は日本にいます」は、

Sono in Giappone. (ソーノ イン ジャッポーネ)
主語を強調する場合は、
Io sono in Giappone.(イーオ ソーノ イン ジャッポーネ)
と言います。

これは、英語のI am in Japan. と語順も同じだし、前置詞も英語と同じinを使っているので分かりやすいですよね。
ただ、イタリア語では、主語の人称代名詞は、主語を強調したい場合以外は省略されるので注意が必要です。常に主語を置かなければならない英語とは違いますね。

「私は日本人です」

「私は日本人です」は、

Sono giapponese.(ソーノ ジャッポネーゼ)
と言います。
これもまた、英語のI’m Japanese.と似ていますね。

「彼はイタリア人です」

「彼はイタリア人です」は、

È italiano.(エ イタリアーノ)
と言います。
英語だと、He is Italian.ですね。

3人称単数はèと上にグレイヴアクセントがおかれます。
eとアクセントなしで書くと、英語のandになってしまうので注意が必要です!

家庭教師依頼はこちらから。

東京外国語大学卒業→イタリアに住み、結婚→帰国後、複数の塾で教室長→家庭教師として独立。

大学受験の英語を中心に教えています。

公立中学で落ちこぼれでしたが、勉強を始め、大学に行けるレベルになりました。
落ちこぼれだった経験を生かして授業をしています。

言語を勉強するのが大好きで、イタリア語、フランス語、スペイン語、ギリシア語、フィンランド語、ラテン語、オランダ語など、たくさんの言語を勉強しています。(英検1級、イタリア語検定1級)

将来は、またイタリアに住みたい。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
友達作りのイタリア語
スポンサーリンク
マルチリンガルライフ
タイトルとURLをコピーしました